米文学研究 レポート 第1設題&第2設題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数610
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年最新版。第1設題&第2設題ともにA判定でした。
    参考にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。
    『グレート・ギャツビー』は感覚的な描写に優れた作品であると言うことができる。感覚描写は全編をとおして至るところで見受けられるが、例えばニックとディズィ、ジョーダン、トム、そしてギャツビーが一同に会する場面を以下に引用する。
    まずは、これから5人がプラザ・ホテルでの一室にて話し合いを持とうとする前の、車内での不毛な議論を振り返ったニックの心理描写である。
    もっとも、その議論がとりかわされているあいだじゅう、ぼくのズボン下が濡れた蛇みたいに脛をはいのぼってくるような気がしたことと、絶えず汗の雫が背中を冷たく流れ落ちていたこととは、その感触そのものまで、まざまざと覚えているけれど。
      (フィツジェラルド『グレート・ギャツビー』野崎孝訳、p174)
     たんに気温の問題で蒸し暑い、ということに加えて、ここではその場に存在する緊張感が表現されている。それは、汗をかくほど蒸し暑いにも関わらず汗の雫が「冷たく流れ落ちる」という表現にも見受けられる。汗は通常、冷たく流れ落ちるものではない。それが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。