日本文学概論レポート 第2設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数507
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年最新版です。
    参考までにご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      芥川龍之介の『鼻』を読み、出典と比較して論ぜよ。
     本レポートでは、芥川龍之介の『鼻』について、一.まずあらすじを確認し、二.それを出典である『今昔物語』巻第二十八の「池尾禅珎内供鼻語第二十」と比較し、三.そこから作者のどのような意図がみられるかについて考え、論じたい。
    一.『鼻』あらすじ
     『鼻』の構成はいたってシンプルである。文章的にも難解な表現は避けられている。この短編小説のあらすじは、次のとおりである。
     主人公は、禅智内供という偉い坊さんである。内供は、異常なほど長く伸びた鼻を持っていることで近所では有名であった。そのことに劣等感を抱いていたが、思い悩んでいることを周囲に気づかれぬよう暮らしている。
     ある時、弟子が鼻を小さくする方法を聞いてきて内供に伝える。鼻を茹でてもむというその方法を施すと、なんと内供の鼻は本当に小さくなったのだ。
     内供は、これでもう誰にも笑われることはあるまいと喜んだが、実際は小さくなった鼻を見た人に笑われてしまう。内供は、このことによって傍観者の利己主義ともいえる人間の本質に気づかされたのであった。
     やがて再び内供の鼻は元の姿に戻り、もう誰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。