教科教育法国語1レポート 第2設題 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数345
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年最新版です。
    参考までにご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学三年生の伝統的言語文化の教材として取り上げられている「平泉」(『奥の細道』、松尾芭蕉)の構造と特質について指摘しつつ教材分析を行った上で、学習指導の方向性について言及し、レポートすること。
    古典文学という、生徒にとって一見関心の持ちにくい題材を扱う場合は、その作品が書かれた経緯や歴史的背景についての説明することが効果的である。その際、何が生徒にとっておもしろいかという教師の理解が重要である。何事も、「難しいことをわかりやすく、わかりやすいことをおもしろく、おもしろいことを深く」が大切であると私は考える。
    つまり、年号や難しい言葉の羅列では生徒はますます読む前から作品への興味を失ってしまい逆効果である。その当時ならではのわかりやすくておもしろいエピソード、これを一つ二つ紹介するのがよい。何かわかりやすいものに例えて話をするのも、生徒の理解を助けるためには効果的である。
    『奥の細道』においては、俳人松尾芭蕉の人柄を説明する。この作品は旧暦8月21日頃大垣に到着するまでが書かれている。当時の生活は、現代の我々とは大きく異なる。想像のできないようなことも多々あったに違いない。
    そのような当..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。