社会福祉士 92点/100点 更生保護制度

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数110
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信一般講座 更生保護制度 92点/100点 課題レポートの解答例です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    更生保護制度
    (3)医療観察制度における、社会福祉士の役割について論じなさい。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    新・社会福祉士養成講座〈20〉更生保護制度
    中央法規出版 第2版 (2010/01)  医療観察制度は、心神喪失又は心神耗弱の状態で重大な他害行為を行った人の社会復帰を促進することを目的として、2003年成立、2005年から施行されている。
    成立の経緯として、精神保健福祉法における、一般の精神障害者と同様の措置ではソフト面ハード面の不足により必要とされる専門治療が困難な点、医師が過剰な責任を負う点及び退院後の継続的な医療を確保するための制度的仕組みがない点などの問題を解決すべく、裁判所が入院・通院などの適切な処遇を決定するとともに,国の責任において手厚い専門的な医療を統一的に行い,地域において継続的な医療を確保するための仕組みを設ける等の措置が盛り込まれた。
     医療観察法の対象者の処遇は、裁判所(検察官、裁判官、鑑定医など)保護観察所(保護監察官は関与せず、精神保健福祉士、社会福祉士、保健師、看護師、作業療法士の有資格者で業務経験者を社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。