社会福祉士 92点/100点 相談援助の理論と方法

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数64
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信一般講座 92点/100点『相談援助の理論と方法』ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    『相談援助の理論と方法③』
    (3)ケースカンファレンスの意義・目的について論じなさい。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    新・社会福祉士養成講座〈8〉相談援助の理論と方法2
    中央法規出版; 第2版 (2010/02) ケースカンファレンスは本来スーパービジョンにおけるスーパーバイザーとスーパーバイジーとの教育・訓練を指すのだが、福祉や医療の現場で一人のクライエントについて様々な立場の人間がそれぞれの関わりから意見を述べ、クライエントの援助・治療等の効果を上げようとする会議としてとらえられていることのほうが、圧倒的に多いと思う。
    「個別クライエントミーティング」とか「処遇検討会」「事例研究会」などがそれであり、介護保険法に基づく「サービス担当者会議」障害者総合支援法の「個別ケア会議」もこれに含まれると考えられる。この効果は普段少数ワーカーが担当しているクライエントについて様々な意味での専門分野からアドバイスが受けられることである。
    身体的支援を中心としているクライエントの精神的な支援とか、就労支援に向けた方向性を拓くとか、行政の様々な制度利用の可能性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。