福祉行財政と福祉計画

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数83
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士一般通信講座 96点/100点『福祉行財政と福祉計画』計画の策定主体はどのようにしてニーズを把握すればよいか。ニーズ把握の技法について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    『福祉行財政と福祉計画』
    (2)計画の策定主体はどのようにしてニーズを把握すればよいか。ニーズ把握の技法について述べなさい。
    <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    新・社会福祉士養成講座〈10〉福祉行財政と福祉計画
    中央法規出版; 第3版第2刷 (2013/02) 行政としての福祉計画を策定するにあたり、どのようなことが住民や福祉の直接の受益者にとって求められているのか全体量としてまた詳細な事情について把握しなければ計画策定はできない。また、それが不十分なまま策定された計画では実施にあたって様々な躓きが生じてくる。福祉計画におけるニーズは受益者側の個別ニーズと行政が計画を推進してゆくための集合的ニーズに分かれる。
    個別ニーズの把握については自治体の計画策定委員会(神奈川県相模原市の場合は「福祉のまちづくり委員会」と称している)が、受益者や一般市民のニーズを拾い上げる役割を担っている。しかしご他聞に漏れず、こういう場に出席する各界団体の役員には共通している点がある。即ち行政のある程度のポストの者、学者、教育者、医者、自治会、商工団体、労働団体、ボランティ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。