社会福祉士 95点/100点 地域福祉の理論と方法

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数74
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信一般講座 95点/100点「地域福祉の理論と方法」 地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    地域福祉の理論と方法①
    (1)地域福祉における主要な人物と業績等を織り交ぜながら「地域福祉の変遷」について考察しなさい。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    新・社会福祉士養成講座〈9〉地域福祉の理論と方法
    中央法規出版; 第2版第4刷 (2013/02) 本邦の社会福祉の変遷につき、黎明期から、第二次世界大戦を経て福祉六法制定までを述べる。
    591年聖徳太子が四天王寺に四箇院(施薬院・療病院・悲田院・敬田院)設立。わが国で最初の社会福祉施設である。731年摂津国川辺郡にて行基の布施屋開設。貧困や障害など社会的弱者となりうる要因を個人に求め、福祉施策は善良で慈悲深い為政者から国民への施しであったり、宗教者としての奉仕活動の一部であった時代が長く続いた。
    世界的な規模で福祉が国家の責任とされ始めたのは1850年代、新救貧法の時代を経てイギリスに慈善組織協会COSが発足した辺りのことであるが、日本では明治維新によって社会福祉政策も大きく近代化へ向けて動き始めることになる。
    1872年、明治政府が恤救規則発布。1880年には、後の日本の工学の父と呼ばれた山..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。