社会福祉士 88点/100点 障害者に対する支援と障害者自立支援制度

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数61
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信一般講座 『障害者に対する支援と障害者自立支援制度』障害者への相談援助活動にあたって、援助者として留意すべき諸点について述べなさい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    『障害者に対する支援と障害者自立支援制度』
    (3)障害者への相談援助活動にあたって、援助者として留意すべき諸点について述べなさい
    <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    新・社会福祉士養成講座〈14〉障害者に対する支援と障害者自立支援制度
    中央法規出版; 第4版 (2013/01) 世界で141番目に批准し2月19日から発動した障害者権利条約は国際人権法に基づいて創られ、その基本理念はそれまでの国内法の「障害者の自立した生活」から一歩踏み込んで、「すべての人権と基本的自由が普遍的なもの」であることから、「基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい生活」とされ、「特に地域社会における共生」が重視され、地方行政や民間の福祉施設の担う役割が拡大され、それに伴い障害者自立支援法から、障害者総合支援法への変更に際し、幾つか制度体系が変更された。
    CHとGHの一元化は地域生活支援重視の為であり、難病患者を対象に加えたことで、身体・知的・精神・発達・難病と、福祉を必要としている者が網の目から零れ落ちないよう配慮された。同時に重度肢体不自由者に限られていた重度訪問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。