社会福祉士 94点/100点 社会理論と社会システム

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数78
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信一般講座『社会理論と社会システム』 [クライエントに対する対応]福祉事務所へ行き、最低でも20分間その場にいる(座っていても、立っていても、誰かと話をしていもよい)
    そこで、クライエントに対して、現場ではどのように対応しているのかを観察すること。(たとえば、来所者に対してどのような配慮を行っているのかなど)その観察結果から、どうすればもっと利用者が安心して、相談に来ることができるかについて自分の意見を考えてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    『社会理論と社会システム』
    (3)[クライエントに対する対応]
    福祉事務所へ行き、最低でも20分間その場にいる(座っていても、立っていても、誰かと話をしていもよい)
    そこで、クライエントに対して、現場ではどのように対応しているのかを観察すること。(たとえば、来所者に対してどのような配慮を行っているのかなど)その観察結果から、どうすればもっと利用者が安心して、相談に来ることができるかについて自分の意見を考えてください。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    新・社会福祉士養成講座〈3〉社会理論と社会システム
    中央法規出版; 第2代版第4刷 (2013/02)  神奈川県相模原市の無料低額宿泊所で緊急一事保護したホームレスを福祉事務所の生活保護申請窓口へ案内したときの話である。
     窓口で酒臭い息を撒き散らしながら、生活保護費の前借を要求する受給者に対し、行政職員は淡々と警備員を呼んで退去させた。幼児を背負い10代と見られる茶髪の若い母親に対し、職員は「生保に頼る前に別れた元夫から子供の養育費を取り立てるのが先だ」と諭していた。病院通いのバス代の支給申請に来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。