社会福祉士98点/100点 現代社会と福祉

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数77
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信一般講座 現代社会と福祉 「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービスの供給主体とされている4つのセクターについて簡潔に説明するとともに、①東日本大震災の被災者支援②老老介護支援③こども虐待の予防④ホームレス支援⑤知的障がい者の地域での自立生活支援のうちどれか1つを選び、それぞれの支援を展開するにおいて、各セクターがどのような役割を果たすべきかについて(あなた独自の判断でかまわないので)具体的に論じてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題名>
    現代社会と福祉
    (3)「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービスの供給主体とされている4つのセクターについて簡潔に説明するとともに、①東日本大震災の被災者支援②老老介護支援③こども虐待の予防④ホームレス支援⑤知的障がい者の地域での自立生活支援のうちどれか1つを選び、それぞれの支援を展開するにおいて、各セクターがどのような役割を果たすべきかについて(あなた独自の判断でかまわないので)具体的に論じてください。 <引用・参考文献>
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    新・社会福祉士養成講座〈4〉現代社会と福祉
    中央法規出版; 第3版第2刷 (2013/02)  社会福祉資源配分の枠組みは、イギリス救貧法における「平行棒の論理」対「繰出し梯子の論理」論争や、戦後のベヴァリッジ報告における「ナショナルミニマム(国民的最低限)」、同じく戦後の日本でGHQが推し進めた「公的責任の原則(国家責任の原則及び公私分離の原則)」等の流れを経て、4つの枠組み「自助・互助(親族や近隣による助け合い)共助(社会保険)・公助」へと発展してきたが、1990年代になると、企業を含む多様な主体に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。