社会福祉士 98点/100点 相談援助の理論と方法

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数50
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士一般通信講座 相談援助の理論と方法 98点/100点 ソーシャルワークにおける契約の意義と留意点について論じなさい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助の理論と方法①
    ソーシャルワークにおける契約の意義と留意点について論じなさい 新・社会福祉士養成講座〈7〉相談援助の理論と方法〈1〉
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)
    中央法規出版; 第2版 (2010/02) 契約による援助には、対等な関係性の確立・自己決定自己選択の尊重・利用者支援の必要性という三つの特質があり、クライエントを自分の問題を自分で克服していく力がある存在ととらえ、「援助過程における対等な関係性の確保」及び「クライエントの自己決定権の尊重」が契約の意義の第一として挙げられる。ソーシャルワークにおける契約尊重の立場は、医療におけるインフォームドコンセントと同様である。権利の保障を図るアドボカシーと、クライエントの自己決定・選択の尊重を強く意識し、契約はクライエントの自己決定の尊重を援助過程において具体的に行動化する。
    契約の意義の第二は、契約により、「ソーシャルワーカーとクライエントの相互作用が促進される」ことが挙げられる。契約は、双方間の合意形成の作業である。ケースワーカーが一方的に与えたり、代理するのではなく、クライエントとケースワーカーが相互に積極的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。