社会福祉士96点/100点 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数34
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士一般通信講座 96点/100点 子供の権利条約の内容・特徴について述べたうえで、子供の権利を守るための取り組みについて具体的にまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
    子供の権利条約の内容・特徴について述べた上で、子供の権利を守るための取り組について具体的にまとめなさい。 新・社会福祉士養成講座15
    児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 第4版
    2013年4月
    社会福祉士養成講座編集委員会=編集 子どもの基本的人権を国際的に保障するために定められた条約である。18歳未満を「児童(子ども)」と定義し、国際人権規約(第21回国連総会で採択・1976年発効)が定める基本的人権を、その生存、成長、発達の過程で特別な保護と援助を必要とする子どもの視点から詳説している。前文と本文54条からなり、子どもにとって包括的な権利を実現・確保するために必要となる具体的な事項を規定しており、1989年の第44回国連総会にて採択、1990年発効、日本は1994年に批准した。また、「子どもの売買、子ども売春及び子どもポルノに関する選択議定書」「武力紛争への子どもの関与に関する選択議定書」が2000年の国連総会で採択された。
    「児童の最善の利益」のために、本条約は存在している。条約は4つの柱で構成されており1つ目の柱は、「生きる権..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。