社会福祉士 95点/100点 社会調査の基礎

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数29
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士一般通信講座 社会調査の基礎 95点/100点 社会福祉領域における社会調査の基本的視点及び留意点についての考察

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会調査の基礎」
    社会福祉領域における社会調査の基本的視点及び留意点についての考察 新・社会福祉士養成講座5社会調査の基礎 第3版
    社会福祉士養成講座編集委員会=編集
    2013年2月 1日
    中央法規出版 社会調査とは元々社会学のカテゴリーに属し社会科学の方法論の一つでありながら、他方公平で民主的な社会を維持する上で国民生活の指標となったり政策決定の指針となってきた。その本来的な二律背反性から、社会福祉の実用的な論拠として使われる立場と、普遍的なものを追求する科学的実証性の立場を行き来しながら発展してきたといえよう。
    歴史的には日本においてもヨーロッパにおいても貧困調査をきっかけとした階層認識からはじまって、社会事象を政策にフィードバックする手法が採られてきた。社会調査を行うのは、明らかにしたいテーマがあり、それが社会調査以外に解明しにくく、社会調査によれば解明できそうだというときである。これをプロデュースして効果的な結果を求めてゆくには、深い知識と想像力が求められるが、それでは既存のデータを上手に利用することはどうだろうか。もちろん、ニーズに細かく対応した新規調査のほうがよりピンポイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。