社会福祉士 93点/100点 相談援助の基盤と専門職

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数49
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士一般通信講座 相談援助の基盤と専門職 93点/100点 ソーシャルワークの歴史および形成過程について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助の基盤と専門職①」
    ソーシャルワークの歴史及び形成過程について論じなさい 新・社会福祉士養成講座〈6〉相談援助の基盤と専門職
    社会福祉士養成講座編集委員会
    央法規出版; 第2版 (2010/02) 社会福祉黎明期は、「医療と貧困」が社会問題の主なテーマで、宗教者による宗教活動及び為政者から治世安定を目的とした国民への施しであった。1601年、社会福祉の国家責任を明文化したエリザベス救貧法が成立。後に産業革命が起こり、1829年英国でCOSが誕生し、個別訪問活動を通してソーシャルアドミニストレーション手法が成立。1884年トインビーホール設立をきっかけに、米国ハルハウス、日本のキングスレーホール設立。セツルメント運動が盛んになる。YMCA等の流れも汲むグループワークやレクリェーション療法が提唱されはじめる。社会調査が行われ、貧困の原因が社会にあるとする見方も広がり、キャノンによる初期の医療ソーシャルワークが試みられる。社会改良運動の広がりである。1917年マッキーヴァーが社会と個人の間に相互作用を見出し、同年リッチモンドはケースワークを人と社会環境の間を個別に意識的に調整する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。