社会福祉士(98点/100点)高齢者に対する支援と介護保険制度

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数51
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士一般通信講座 高齢者に対する支援と介護保険制度98点/100点 高齢者の心身状態の特徴とそのケア(介護予防や自立支援)がどうあるべきか論じなさい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者に対する支援と介護保険制度①
    高齢者の心身状態の特徴とそのケア(介護予防や自立支援)がどうあるべきか論じなさい 新・社会福祉士養成講座〈13〉高齢者に対する支援と介護保険制度
    中央法規出版; 第3版 (2012/01)
    社会福祉士養成講座編集委員会 (編集)  高齢期の身体的特徴について述べる。防御力、予備力、適応力、回復力が徐々に低下し、身体機能も直線的に低下していく。予備力は50%程度の残存機能が維持されており、健康維持においては不適切なライフスタイルを避け、残存機能が対応できる範囲内のストレッサーにとどめ、残存機能を維持しやすい生活環境を整備することが重要である。心理的特長として「知能の老化(もの忘れ)」「感情の老化(感情の平板化)」「意欲の老化(億劫、面倒、引きこもり)」がみられ、老年期の心の病気には認知症・脳機能低下・慢性身体疾患の合併・ストレスに弱い・個人差が大きいことが特徴である。
    高齢者の直面している状況を理解するためには、高齢者と高齢者を取り巻く支援環境を多面的にアセスメントし、問題や状況の内的構造や要因間の関連性を把握することが重要になる。アセスメントでは、高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。