ブラック企業対策としての雇用の流動化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数581
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    増加するブラック企業対策としての雇用の流動化を解説している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブラック企業対策としての雇用の流動化
    ブラック企業対策としての雇用の流動化
    はじめに
     7月21日に行われた参議院選挙。各党の争点の一つに「ブラック企業政策」というものがある。最近メディアなどでもよく取り上げられるようになったブラック企業。そもそもブラック企業とはどのようなものなのだろうか。
    このレポートでは、日本に数多く存在する「ブラック企業」による劣悪な労働環境をどのようにしたら改善することができるのか、筆者の考察を述べる。
    <1>ではブラック企業の概念、定義について述べ、実際にブラック企業とはどういったものなのか、事例を挙げて説明する。<2>では日本政府はブラック企業に対する対策を取ろうとしているのか、その対策はどのようなものなのかを説明し、<3>では筆者の労働環境改善に向けた、意見を述べる。<4>では考察をまとめ、筆者の労働に対する価値観、今後の日本の労働環境がどうあるべきかを述べる。
    ブラック企業の概念、事例
    まず「ブラック企業」には、明確な定義というものは存在しない。しかし一般的には、過度な長時間労働や、厳しいノルマを従業員へ課し、労働法やその他の法令に抵触する労働を意図的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。