英語学概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数667
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    あくまでも参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語学概論第一設題 英語と日本語の文法構造または意味構造を比較対象し、両者の違いをデータに基づいて具体的に論ぜよ。
    日英語の比較をするにあたって、語彙、語順、文構造など、さまざまな系統があり、両者ともに共通点、相違点がある。その中でも、今回は、受動態のしくみについて調べていきたいと思う。英語の受動態は、通常、他動詞の目的語を主語にして文章が成立するが、全ての場合が適格になるわけでもない。他動詞はふつう形式的には同一の事柄について受動態・能動態の両形式で表現することが可能であるが、実際には一方は自然な言い方であっても他方は不自然・不合理な場合がある。英語、また日本語の受動態を作るにあたり、どのような条件があり、適格、不適格になるのがまたその違いは何であるのかを考察していきたいと思う。考察1 英語と日本語の受け身
    David was hit by Kana this morning.(Kana hit David this morning.)
    The drama was enjoyed by Leon. (Leon enjoyed the drama)
      1’ 今朝デイビッドはカナに殴ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。