Z1103 教育心理学1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数130
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    あくまでも参考にお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題 児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間)の拡がり、自己意識などがどのように変化するかまとめよ。
    児童期では、それまで(幼児期)の間で一番の関わりが強かった親、兄弟、親類を超え、学校や地域の中の集団生活からうまれる絆やグループに強いつながりをもち、子どもたち同士の仲間関係が次第に大きな割合を占めるようになっていた。また、心理的な自立を果たそうと揺れ動く青年期の前段階であって、身体発達も比較的緩やかで、情緒的にも安定した時期だと言われる。しかしながら、新たに始まる学校生活の体験は、発達の様々な側面に影響を与える。岡本夏木が指摘しているように、先ず考えられる変化は、「二次的ことば」の習得である。幼児期には、狭い対人関係の中で生活していたため、「一次的ことば」を用いることができれば、生活に支障はなかった。「一次的ことば」とは、具体的なことがらについて、状況の文脈を共有しあっている者同士でしか、通じない言葉である。子どもは学校の授業で、脱文脈的な「二次的ことば」を用いることが要求される。このことばの機能は「行為する自分」「見る自分」の間で交わされる内言の働き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。