英文法

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    あくまでも参考としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英文法
    第一設題 ポライトネス
    私たちは他人とコミュニケーションを図るなかで、自分の言いたいことをどう相手に伝えるか、人間社会の中では、聞き手が怒りや不満のないよう聞き取りやすいように、言葉を選びながら自然と礼儀作法として言葉に表れている。相手に安心感や信頼感を与えるためには、丁寧な振る舞い、言動が求められ、それを私たちは、「ポライトネス」として用いているのである。日本語には、(地域によって少し違うが)尊敬語、謙譲語、丁寧語に分かれており、用途によって使い方が違う。英語ではどうだろうか。リーチ(1983年)はポライトネスの概念を使うと協調の原則と会話の公理における例外や逸脱をうまく説明できるので、協調の原則を救うものであると見なしている。彼はこれに関連する2つの概念「意味の不確定性」と「語用論的原則」を導入した。1)意味の不確定性聞き手が不満を持たないように全てを礼儀正しく話すことは至難であるが、意味が確定できない、潜在的に2つ以上の語用論的効力を有する発話を用いると、聞き手が不愉快に思いそうなことを、誤解されずに伝えることができるようになる。例1)電車の中で priority sea..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。