Z1001 日本国憲法 科目最終試験 試験対策 6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,742
ダウンロード数270
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1001 日本国憲法 科目最終試験対策6設題セットです。

    出来るだけ覚えやすいように1題につき試験用紙表面相当の800文字前後と、少なめにまとめてあります。要点はしっかりまとめてあるので、そのまま暗記してもらっても合格可能です。

    私は⑤の内容で80点で合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001 日本国憲法 科目最終試験対策
    1.報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい
    2.信教の自由と政教分離について論じなさい
    3.校則と自己決定権について論じなさい
    4.表現の自由の制限について論じなさい
    5.法の下の男女平等について論じなさい
    6.基本的人権の保障の限界について論じなさい
    1.報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい。
    報道とは、客観的な事実を伝える伝達活動であり、「報道の自由」とは、マスメディアなどが伝達活動を行うことの自由である。
    「報道の自由」は、明確には日本国憲法には明記されていないが、日本国憲法第21条では「表現の自由」が保証されており、国民がさまざまな意見や情報を人々に伝える自由が保障されている。すなわちこの条文から「報道の自由」も保証されていると言える。
    事実伝達を行うことは、民主政治の運営にとって重要であり、報道は「国民の知る権利」に応えることを使命としている。
    即ち、「報道の自由」は、国民に意見を形成するための素材を提供するという重要な意味を持つ、民主制の基盤となる自由なのである。
    そして「報道の自由」の前提として、「取材の自由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。