S0105 教育心理学 科目最終試験 試験対策 6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,904
ダウンロード数457
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0105 教育心理学 科目最終試験対策 6題セット

    要点をまとめて、覚えやすい構成を意識し、文字数をできるだけ少なくして作成しました。
    (問題用紙表面相当の800文字前後程度)

    試験の際の参考にしてもらうか、そのまま暗記してもらっても大丈夫です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0105 教育心理学 科目最終試験対策
    1、学習理論の中で、条件づけ理論、認知説、社会的学習理論について、各々の相違点が明らかになるよう概要をまとめよ。
    2、象徴機能とは何をいうのかを明らかにし、その発生について具体例を示して解説しなさい。また、教育との関連でポイントを論述しなさい。
    3、心理学におけるフラストレーションのとらえ方を説明し、その原因・その時の反応・耐性について説明せよ。
    4、知能および創造性それぞれの概念を明らかにし、両者の相違点を論述せよ。
    5、ボウルビィのアタッチメントついての所説を紹介し、乳幼児期のアタッチメント形成と青年期の対人関係のあり方との関連について考察しなさい。
    6、学級集団としての特質をその編成面・機能面にわたって解説しなさい。また、学級を統率する教師のリーダーシップについて考察しなさい。
    【参考文献】『教育心理学〔改訂〕』杉田千鶴子/1999/佛教大学
    1.学習理論の中で、条件づけ理論、認知説、社会的学習理論について、各々の相違点が明らかになるよう概要をまとめよ。
    学習理論について次に具体的に示す。
    ◆条件づけ理論[連合説]
    S-R理論とも呼ばれ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。