S0536 人権(同和)教育 小1免 科目最終試験 試験対策 6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,040
ダウンロード数254
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0536 人権(同和)教育 科目最終試験対策6設題セットです。

    出来るだけ覚えやすいように1題につき試験用紙表面相当の800文字前後と、少なめにまとめてあります。要点はしっかりまとめてあるので、そのまま暗記してもらっても合格可能です。

    私は②の内容で82点で合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0536 人権(同和)教育 科目最終試験対策
    1.学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    2.部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)における同和行政(教育以外の取組を中心に)の取組について論じること。
    3.人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    4.人権教育と同和教育の関連について述べよ。
    5.50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
    6.宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922年3月3日創立)」について論じること。
    1.学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    学校教育における人権教育を行う際、日本はまず自国に根強く残る同和問題について深く考えなければならない必要があると言える。
    なぜなら「同和教育」は同和地区を含む学校だけの特別な教育活動として矮小化されており、「人権教育」と切り離されて理解されていることが多いからである。
    そのような教育を行うと、同和問題は同和地区のみの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。