相談援助におけるグループワークの持つ意味とその展開過程について説明せよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数215
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「相談援助におけるグループワークの持つ意味とその展開過程について説明せよ。」

     集団援助技術は、グループワークとも呼ばれ、人間の集まりであるグループのもつ特殊な力動に着目し、グループを活用して、メンバー個々人やグループ全体が直面している問題解決のために側面的支援をするソーシャルワークの方法の一つである。グループに参加している個人と、その個人をメンバーにして形成されているグループ双方を援助対象にするが、個人がグループの特性を活用して、問題解決・ニーズの充足ができるように援助するものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「相談援助におけるグループワークの持つ意味とその展開過程について説明せよ。」
     集団援助技術は、グループワークとも呼ばれ、人間の集まりであるグループのもつ特殊な力動に着目し、グループを活用して、メンバー個々人やグループ全体が直面している問題解決のために側面的支援をするソーシャルワークの方法の一つである。グループに参加している個人と、その個人をメンバーにして形成されているグループ双方を援助対象にするが、個人がグループの特性を活用して、問題解決・ニーズの充足ができるように援助するものである。
     人は、個々で生きているわけではなく、さまざまな人とのかかわりの中で社会生活を営んでいる。つまり、人はその生涯において常に何らかの集団に属しているといえる。人間と環境との関係をみても、常に相互に作用しており、集団は、人格や価値観、それぞれの個人の思想や態度、行動など生活にかかわるあらゆる側面に影響を及ぼし、最も身近で重要な社会的環境といえる。
     人間は、生まれながらにして「家族」という基本的なグループに所属し、その後の人生でもさまざまなグループに所属することになる。人間の一生の過程を区切ったいくつか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。