福祉計画と福祉行財政について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数232
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「福祉計画と福祉行財政について述べよ。」

     社会福祉の概念には多義にわたる解釈があり、同様に社会福祉における計画といった場合にも、言葉の用いられ方や意味するところは多様である。例えば、社会福祉の構造を、①臨床、②経営・管理、③政策、という3層でとらえた場合に、それぞれの領域に計画という概念が存在する。具体的な個別の援助から、福祉サービス供給システムの経営・管理、政策の領域にわたるまで、社会福祉における計画という概念は多様である。また、行政が取り組むべき分野別の社会福祉計画についても、①地域福祉計画、②老人福祉計画、③介護保険事業計画、④障害者基本計画、⑤障害福祉計画、⑥次世代育成支援行動計画など多岐にわたる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉計画と福祉行財政について述べよ。」
     社会福祉の概念には多義にわたる解釈があり、同様に社会福祉における計画といった場合にも、言葉の用いられ方や意味するところは多様である。例えば、社会福祉の構造を、①臨床、②経営・管理、③政策、という3層でとらえた場合に、それぞれの領域に計画という概念が存在する。具体的な個別の援助から、福祉サービス供給システムの経営・管理、政策の領域にわたるまで、社会福祉における計画という概念は多様である。また、行政が取り組むべき分野別の社会福祉計画についても、①地域福祉計画、②老人福祉計画、③介護保険事業計画、④障害者基本計画、⑤障害福祉計画、⑥次世代育成支援行動計画など多岐にわたる。
     日本では、平成に入るまで計画という要素を社会福祉政策のなかに意識的に位置づけたり、計画的なサービスの基盤整備といった手法は導入されていなかった。これは、福祉行政が予算制度を軸にして実施され、基本的に各年度の予算の推移のなかから、需要が高まるものにさらに予算をつけるという、単年度を基調にした税源配分の方式がとられてきたからである。しかし、社会福祉の法制度が段階的に発展し、利用者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。