物理・化学的および心理的ストレス誘発因子による心身の機能変化と、それらへの対処について述べよ。  A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数496
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「物理・化学的および心理的ストレス誘発因子による心身の機能変化と、それらへの対処について述べよ。」

     厚生労働省が5年ごとに実施している労働者健康状況調査では、強い不安や悩み、ストレスがある労働者は平成19年に58%であった。そして、その内容としては、職場の人間関係の問題が38.4%、仕事の量の問題が30.6%、仕事の質の問題が34.8%となっている。このように、現代人は職場や仕事に対して強いストレスを感じていることがわかるが、本稿ではそのストレスによって生じる心身の機能変化と、それらへの対処について考察していく。
     まず、ストレスに対しての定義であるが、『衛生管理(上)第1種用』では、「外部環境からの刺激をストレッサーと呼び、ストレッサーによって生じる変化をストレスと呼び、ストレッサーに対する反応をストレス反応と呼ぶ」と述べられている。このストレッサー

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「物理・化学的および心理的ストレス誘発因子による心身の機能変化と、それらへの対処について述べよ。」
     厚生労働省が5年ごとに実施している労働者健康状況調査では、強い不安や悩み、ストレスがある労働者は平成19年に58%であった。そして、その内容としては、職場の人間関係の問題が38.4%、仕事の量の問題が30.6%、仕事の質の問題が34.8%となっている。このように、現代人は職場や仕事に対して強いストレスを感じていることがわかるが、本稿ではそのストレスによって生じる心身の機能変化と、それらへの対処について考察していく。
     まず、ストレスに対しての定義であるが、『衛生管理(上)第1種用』では、「外部環境からの刺激をストレッサーと呼び、ストレッサーによって生じる変化をストレスと呼び、ストレッサーに対する反応をストレス反応と呼ぶ」と述べられている。このストレッサーにもいくつかの種類があり、温度・光・音・騒音・睡眠不足などの「物理的ストレッサー」、タバコ・アルコール・大気汚染・ホコリなどの「化学的ストレッサー」、不安・不満・怒り・喜び・悲しみなどの「心理的ストレッサー」などがある。そして、これら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。