各発達段階の特徴について述べよ。  A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数566
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「各発達段階の特徴について述べよ。」

     人間が誕生してから死ぬまでの一生の過程をライフサイクルといい、そのなかで人間は発達しながら生きていく。発達は連続的・持続的に進行していくものだが、特定の年齢時期は他の年齢時期とは異なる特徴のまとまりをもっており、これを発達段階と呼ぶ。胎児から老年期までの人生全体の発達段階を考えるようになったのは、精神分析学者のエリクソンが最初といわれており、人が精神的に健康で幸福な発達をとげていくためには、各発達段階の課題を達成し各段階の発達の内容を充実していくことが必要である。本稿では、各発達段階の特徴について考察するとともに、各発達段階での問題行動や対処法について述べる。
     まずは、0~3歳位までの乳児期である。乳児期では多くの場合、母親が授乳するため母親と接する時間が一番多くなり、乳児から

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「各発達段階の特徴について述べよ。」
     人間が誕生してから死ぬまでの一生の過程をライフサイクルといい、そのなかで人間は発達しながら生きていく。発達は連続的・持続的に進行していくものだが、特定の年齢時期は他の年齢時期とは異なる特徴のまとまりをもっており、これを発達段階と呼ぶ。胎児から老年期までの人生全体の発達段階を考えるようになったのは、精神分析学者のエリクソンが最初といわれており、人が精神的に健康で幸福な発達をとげていくためには、各発達段階の課題を達成し各段階の発達の内容を充実していくことが必要である。本稿では、各発達段階の特徴について考察するとともに、各発達段階での問題行動や対処法について述べる。
     まずは、0~3歳位までの乳児期である。乳児期では多くの場合、母親が授乳するため母親と接する時間が一番多くなり、乳児から見ると母親は、人生で初めての人間関係を結ばなければならない相手になる。自分一人の力では生きることのできない乳児は、母親、兄弟姉妹、父親、祖父母という家族の暖かな愛情と、ぬくもりのある養護を受ける中で、安心して生きることが許されている自分や、それを支えてくれているおとなを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。