コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,030
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。」

    コンピュータやインターネットは、現代社会においてなくてはならないものになり、福祉の現場でもさまざまな用途に利用されている。そんなコンピュータにも歴史があり、インターネットの発展とともに大きく5 つの世代に分類することができる。
     1946年2 月14日にペンシルベニア大学で開発・公開された「ENIAC」は、世界初のコンピュータと呼ばれた。総重量30トンと大掛かりな装置であったENIACは、17468 本の真空管、70000 個の抵抗器、10000 個のキャパシタなどで構成され、30個のキャビネットに収められていたため、設置には倉庫1 個分のスペースを必要とした。また、演算速度は一秒間に5000回であったが、機器のスイッチを手動で切り替えてプログラムを入力するため、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。」
    コンピュータやインターネットは、現代社会においてなくてはならないものになり、福祉の現場でもさまざまな用途に利用されている。そんなコンピュータにも歴史があり、インターネットの発展とともに大きく5 つの世代に分類することができる。
     1946年2 月14日にペンシルベニア大学で開発・公開された「ENIAC」は、世界初のコンピュータと呼ばれた。総重量30トンと大掛かりな装置であったENIACは、17468 本の真空管、70000 個の抵抗器、10000 個のキャパシタなどで構成され、30個のキャビネットに収められていたため、設置には倉庫1 個分のスペースを必要とした。また、演算速度は一秒間に5000回であったが、機器のスイッチを手動で切り替えてプログラムを入力するため、プログラムの入れ替えには多大な時間がかかっていた。『情報機器の操作』では「ENIACはアメリカ陸軍の弾道計算を目的に、軍の要請と援助により開発されましたが、完成したときはすでに第二次世界大戦は終了しており、コンピ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。