福祉国家の思想と原理について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数402
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「福祉国家の思想と原理について述べよ」

     私たちが生活する現代の日本では、貧しい家に生まれたからといって学校に行けなかったり、病気になっても医療が受けられないことはない。また、身寄りのない老人が路上生活を強いられたり、そのまま餓死したりするケースもほとんどないといっていい。それは、日本国憲法第25条の生存権に、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と明記されており、それに伴ってさまざまな福祉政策や社会保障が国民を守っているからである。「日本は福祉国家であるか」という問いには人それぞれ答えがあるが、福祉国家とは一般的に、「民主主義政治経済体制のもとで、労働政策、社会保障政策、住宅政策、教育政策等、総合的な国家政策によって、完全雇用と所得再分配を目指し、国民生活の安定を図ろうとするもの」であるから、日本を含めた現代の先進国のほとんどは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉国家の思想と原理について述べよ」
     私たちが生活する現代の日本では、貧しい家に生まれたからといって学校に行けなかったり、病気になっても医療が受けられないことはない。また、身寄りのない老人が路上生活を強いられたり、そのまま餓死したりするケースもほとんどないといっていい。それは、日本国憲法第25条の生存権に、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と明記されており、それに伴ってさまざまな福祉政策や社会保障が国民を守っているからである。「日本は福祉国家であるか」という問いには人それぞれ答えがあるが、福祉国家とは一般的に、「民主主義政治経済体制のもとで、労働政策、社会保障政策、住宅政策、教育政策等、総合的な国家政策によって、完全雇用と所得再分配を目指し、国民生活の安定を図ろうとするもの」であるから、日本を含めた現代の先進国のほとんどは、福祉国家であるといえるのではないだろうか。しかし、これらの福祉国家も世界恐慌以前にはなかった概念であり、世界の歴史とともに発展してきたものである。本稿では、社会福祉の発展の中で重要なことの一つである、イギリスとドイツの歴史とベヴァ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。