産業化とそれによる社会の変化について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数640
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「産業化とそれによる社会の変化について述べよ。」

     産業化とは、西洋における産業革命を契機として進行した、経済の領域における変動を指す概念である。産業革命は、西洋近代社会を成立させた重要な要素であり、産業化の推進は後に後発社会の発展にとって最優先課題と考えられた。本稿では、産業化について述べるとともに、それが社会にどのような影響を与えたかについて考察していく。
     産業化は、経済活動人口の第一次産業から第二次産業への移行、自給自足経済から市場的交換経済への移行、自営業中心の経済から被雇用者中心の経済への移行などの変動を生みだすが、それと同時に金融・保険業、卸売・小売業、運輸・通信業といったサービス産業や情報産業が発達し、第二次産業から第三次産業への移行も進行していく。18世紀半ばのイギリスでは、農業中心の「農耕社会」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「産業化とそれによる社会の変化について述べよ。」
     産業化とは、西洋における産業革命を契機として進行した、経済の領域における変動を指す概念である。産業革命は、西洋近代社会を成立させた重要な要素であり、産業化の推進は後に後発社会の発展にとって最優先課題と考えられた。本稿では、産業化について述べるとともに、それが社会にどのような影響を与えたかについて考察していく。
     産業化は、経済活動人口の第一次産業から第二次産業への移行、自給自足経済から市場的交換経済への移行、自営業中心の経済から被雇用者中心の経済への移行などの変動を生みだすが、それと同時に金融・保険業、卸売・小売業、運輸・通信業といったサービス産業や情報産業が発達し、第二次産業から第三次産業への移行も進行していく。18世紀半ばのイギリスでは、農業中心の「農耕社会」から、工業中心の「産業社会」へと変化していったが、これまでは主として道具と人力や畜力に依存してきた生産が、機械と蒸気機関のような動力に頼るようになったこと、産業資本家と工場労働者が大きな社会勢力になったこと、工業都市が成立して一般に都市化が進んだことなどの変化全体がイギリス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。