少子高齢社会における児童・家庭福祉のあり方について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数617
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「少子高齢社会における児童・家庭福祉のあり方について述べよ。」

     わが国では近年、子どもの数が減少し続けており、少子高齢化が社会問題となっている。少子化の背景は大きく2点あり、ひとつは晩婚化の進行である。これは、高学歴化や女性の社会進出が影響しているものと考えられる。もうひとつは、夫婦の出生力の低下であり、結婚しても子どもを産もうとしない、もしくは子どもを多く産まないという選択をする夫婦が増加してきていることである。その原因としては、①子育てと仕事の両立の難しさ、②育児の身体的・心理的負担、③教育費など子育てに関する経済的負担、④住宅事情、などの要因があると考えられる。少子化の進行は、若年労働力の減少や社会保障関係費用に関わる現役世代の負担増加をもたらし、社会保障制度や経済活動が将来的には崩壊してしまうのではないかとの指摘もあり、社会の活

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「少子高齢社会における児童・家庭福祉のあり方について述べよ。」
     わが国では近年、子どもの数が減少し続けており、少子高齢化が社会問題となっている。少子化の背景は大きく2点あり、ひとつは晩婚化の進行である。これは、高学歴化や女性の社会進出が影響しているものと考えられる。もうひとつは、夫婦の出生力の低下であり、結婚しても子どもを産もうとしない、もしくは子どもを多く産まないという選択をする夫婦が増加してきていることである。その原因としては、①子育てと仕事の両立の難しさ、②育児の身体的・心理的負担、③教育費など子育てに関する経済的負担、④住宅事情、などの要因があると考えられる。少子化の進行は、若年労働力の減少や社会保障関係費用に関わる現役世代の負担増加をもたらし、社会保障制度や経済活動が将来的には崩壊してしまうのではないかとの指摘もあり、社会の活力が低下することが懸念されている。そのため、このような少子化の背景を踏まえて、それに対応した対策を整備していくことが要請されており、子ども家庭福祉の重要性が高まっているといえる。
     まずは、子どもの定義について述べる。日本の法制度では、子どもという時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。