在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数453
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ」

     高齢者に対する日本の保健福祉サービスは、老人福祉法と老人保健法を中心に行われてきたが、2000年4 月に施行された介護保険法により、これらのしくみが大きく変わってきた。本稿では、高齢者福祉の中心的存在となっている介護保険制度と、在宅福祉サービスについて考察していく。
     介護保険制度が生まれた背景には、高齢化の進展により介護を必要とする高齢者が急速に増加したことがあげられる。また、核家族化など世帯規模の縮小による家庭における介護力の低下や、高齢者の介護を家族だけに依存することによる介護者の精神的・肉体的負担を社会的にカバーする必要が出てきたことも、理由のひとつである。さらに『高齢者に対する支援と介護保険制度』では、「介護サービスのシステムをめぐって、それまでの措

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ」
     高齢者に対する日本の保健福祉サービスは、老人福祉法と老人保健法を中心に行われてきたが、2000年4 月に施行された介護保険法により、これらのしくみが大きく変わってきた。本稿では、高齢者福祉の中心的存在となっている介護保険制度と、在宅福祉サービスについて考察していく。
     介護保険制度が生まれた背景には、高齢化の進展により介護を必要とする高齢者が急速に増加したことがあげられる。また、核家族化など世帯規模の縮小による家庭における介護力の低下や、高齢者の介護を家族だけに依存することによる介護者の精神的・肉体的負担を社会的にカバーする必要が出てきたことも、理由のひとつである。さらに『高齢者に対する支援と介護保険制度』では、「介護サービスのシステムをめぐって、それまでの措置制度から社会保険制度による利用契約方式へと大きく転換させた介護保険制度は、その後に続く社会福祉基礎構造改革への先鞭をつけたものでもあった」と述べられており、行政が決める「措置」から、サービス提供者との「契約」へと変化させたことより、高齢者自身の自己決定を尊重する目的もあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。