生活保護の種類と範囲、方法について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数394
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「生活保護の種類と範囲、方法について述べよ。」

     生活保護を規定する生活保護法では、生活費の性質によって、保護の種類を生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8つにわけている。これらの扶助は、それぞれに所在地域や年齢、世帯構成などによって基準額が設定されており、要保護者の状況に応じて給付される。また、金銭を給付する金銭給付と、医療扶助や介護扶助のような現物給付とがあり、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助は月単位で継続して支給され、他は必要な時に支給される。
     生活扶助は、現行の8種類の扶助のなかで最も基本的な扶助であり、生活に必要な衣食や光熱水費といった需要に対して給付が行われる。第1類(飲食物費、被服費など個人単位の生活費を年齢別に示したもの)と、第2

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「生活保護の種類と範囲、方法について述べよ。」
     生活保護を規定する生活保護法では、生活費の性質によって、保護の種類を生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8つにわけている。これらの扶助は、それぞれに所在地域や年齢、世帯構成などによって基準額が設定されており、要保護者の状況に応じて給付される。また、金銭を給付する金銭給付と、医療扶助や介護扶助のような現物給付とがあり、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助は月単位で継続して支給され、他は必要な時に支給される。
     生活扶助は、現行の8種類の扶助のなかで最も基本的な扶助であり、生活に必要な衣食や光熱水費といった需要に対して給付が行われる。第1類(飲食物費、被服費など個人単位の生活費を年齢別に示したもの)と、第2類(光熱水費、家計什器など世帯単位の生活費を世帯人数別に示したもの)とを組み合わせて、日常生活を営む上での基本生活費が算出され、これに妊産婦や老齢、母子、障害などの特別な需要を満たすための加算が行われて給付される。冬期においては、地域における寒冷の度合いなどによって11月から3月ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。