介護の概念、対象、理念について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数625
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「介護の概念、対象、理念について述べよ。」

     介護とは、「高齢者・病人などを介抱し、日常生活を助けること」と一般的に定義付けられており、代表的な見解では、ケアワーカーという専門職が担う介護の定義としては、対象者、目的、方法を包含していることが共通しており、自立の促進が目的とされている。小池栄子は「介護とは、高齢者・障害者など要介護者の生活の場における日々の生活行為について支障が生じ、他者の援助を必要としている人に対し介護の立場から行う継続的援助である」とし、西村洋子は「高齢者および障害者(児)等で、日常生活を営むのに支障がある人びとが、自立した生活を営み、自己実現が図れるように、対人援助、身体的・社会的・文化的生活援助、生活環境の整備等を専門的知識と技術を用いて行うところの包括的(総合的)日常生活援助のことである」と

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「介護の概念、対象、理念について述べよ。」
     介護とは、「高齢者・病人などを介抱し、日常生活を助けること」と一般的に定義付けられており、代表的な見解では、ケアワーカーという専門職が担う介護の定義としては、対象者、目的、方法を包含していることが共通しており、自立の促進が目的とされている。小池栄子は「介護とは、高齢者・障害者など要介護者の生活の場における日々の生活行為について支障が生じ、他者の援助を必要としている人に対し介護の立場から行う継続的援助である」とし、西村洋子は「高齢者および障害者(児)等で、日常生活を営むのに支障がある人びとが、自立した生活を営み、自己実現が図れるように、対人援助、身体的・社会的・文化的生活援助、生活環境の整備等を専門的知識と技術を用いて行うところの包括的(総合的)日常生活援助のことである」と述べている。また、是枝祥子は「身体的・精神的障害のために日常生活に支障がある場合に、日常生活行動の介助や身の回りの世話を専門的な知識や技術を用いて援助し、日常生活を継続していくだけではなく、その人が社会を構成する一人の人間として、その人らしく生きていく意欲を引き出し、自立..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。