集団援助技術(グループワーク)について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数404
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「集団援助技術(グループワーク)について述べよ。」

     集団援助技術とは、グループワークとも呼ばれ、個々のメンバーから成る小集団を対象に、ワーカーがメンバーのニーズに基づいた意図的プログラム活動を展開し、メンバー間の力動的相互作用を促進することによって、個人の発達とグループの成長を援助するものである。
     グループワークには4つの過程があり、それぞれ特徴的なグループの発達が見られるが、まずはグループの目的・課題の明確化、グループ計画と波長合わせなどを行う「準備期」がある。グループ計画を立てることはワーカーの最初の重要な仕事の一つであり、グループの目的、メンバーの構成要素を検討し、開催回数、期間、会場、人数、会費、運営予算、交通手段などについてアセスメントをしたうえでグループ計画を立てる必要がある。また、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「集団援助技術(グループワーク)について述べよ。」
     集団援助技術とは、グループワークとも呼ばれ、個々のメンバーから成る小集団を対象に、ワーカーがメンバーのニーズに基づいた意図的プログラム活動を展開し、メンバー間の力動的相互作用を促進することによって、個人の発達とグループの成長を援助するものである。
     グループワークには4つの過程があり、それぞれ特徴的なグループの発達が見られるが、まずはグループの目的・課題の明確化、グループ計画と波長合わせなどを行う「準備期」がある。グループ計画を立てることはワーカーの最初の重要な仕事の一つであり、グループの目的、メンバーの構成要素を検討し、開催回数、期間、会場、人数、会費、運営予算、交通手段などについてアセスメントをしたうえでグループ計画を立てる必要がある。また、ワーカーが所属する機関や施設全体の関係者がこの援助の意義や目的を十分に理解し、これから始まるグループワークに専門的立場からチームとして支援することの合意を得ておくことも重要である。メンバーの募集にはいろいろな方法があるが、性、年齢などに共通点が多く、グループに属する目的が類似していると、他..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。