相談援助の展開過程における各段階の特徴について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,282
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「相談援助の展開過程における各段階の特徴について述べよ。」

     相談援助は、さまざまな社会福祉機関・施設などで行われており、援助の対象も多岐にわたるが、ソーシャルワーク援助として行われるプロセスは、ソーシャルワークという専門技術であって、基本となる展開プロセスの目的や機能は変わらない。本稿では、一般的な相談援助の展開過程について考察し、各段階の特徴について述べる。
     まずは相談援助の最初に、ケースの発見段階がある。ソーシャルワーカーが所属する機関の性質によって、クライエントとなる人の発見時期や方法、相談援助の開始の契機などは異なってくるが、クライエントはいくつかに分類することができる。クライエント自身あるいは家族などが問題を感じ、自ら進んで専門家に相談し解決しようとしているクライエントはボランタリーなクライエントで

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「相談援助の展開過程における各段階の特徴について述べよ。」
     相談援助は、さまざまな社会福祉機関・施設などで行われており、援助の対象も多岐にわたるが、ソーシャルワーク援助として行われるプロセスは、ソーシャルワークという専門技術であって、基本となる展開プロセスの目的や機能は変わらない。本稿では、一般的な相談援助の展開過程について考察し、各段階の特徴について述べる。
     まずは相談援助の最初に、ケースの発見段階がある。ソーシャルワーカーが所属する機関の性質によって、クライエントとなる人の発見時期や方法、相談援助の開始の契機などは異なってくるが、クライエントはいくつかに分類することができる。クライエント自身あるいは家族などが問題を感じ、自ら進んで専門家に相談し解決しようとしているクライエントはボランタリーなクライエントである。反対に自発的ではないクライエントをインボランタリー・クライエントと呼び、さらに①相談援助の意味や目的を理解していないクライエント、②相談することに拒否や反発などマイナスの感情をもったクライエント、に分けることができる。また、クライエントとなる人に問題意識が低い、あるいは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。