相談援助における人と環境との交互作用の視点について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数858
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「相談援助における人と環境との交互作用の視点について述べよ。」

     ソーシャルワークは、個人や家族、小集団・組織、地域社会に社会生活上の問題が生じていたり、生じる恐れがある場合、そのクライエントとそれを支えるべき環境の間での交互関係がうまく機能していない結果としてとらえ、両者の関係を逆機能から正機能に変化させる。そして、クライエントの社会生活上の問題を解決・緩和し、場合によっては予防することで、人々の社会生活機能を増大させる。このように、クライエントと環境なり資源との交互関係での問題点をとらえ、その関係を調整することがソーシャルワークの中心であることは、これまで多くのソーシャルワークの研究者によって主張されてきた。ケースワークを初めて理論化したリッチモンドは、「人と環境との関係の問題」としてケースワークの対象をとらえ、バートレットは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「相談援助における人と環境との交互作用の視点について述べよ。」
     ソーシャルワークは、個人や家族、小集団・組織、地域社会に社会生活上の問題が生じていたり、生じる恐れがある場合、そのクライエントとそれを支えるべき環境の間での交互関係がうまく機能していない結果としてとらえ、両者の関係を逆機能から正機能に変化させる。そして、クライエントの社会生活上の問題を解決・緩和し、場合によっては予防することで、人々の社会生活機能を増大させる。このように、クライエントと環境なり資源との交互関係での問題点をとらえ、その関係を調整することがソーシャルワークの中心であることは、これまで多くのソーシャルワークの研究者によって主張されてきた。ケースワークを初めて理論化したリッチモンドは、「人と環境との関係の問題」としてケースワークの対象をとらえ、バートレットは、「ソーシャルワークが関心を向け責任をとるのは、人間と環境との交換の結果に関する知識と価値を最大限十分に、また自由に活用していけるよう、社会生活機能を理解していくところにある」と述べている。また、2000年に国際ソーシャルワーカー連盟と国際ソーシャルワーク学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。