ソーシャルワークの理念について述べよ。 A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数524
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ソーシャルワークの理念について述べよ。」
     ソーシャルワークは、社会福祉の実践を支える価値・知識・技術という3つの要素から構成されている。価値とは、個人・社会を通じて常に承認されるべき絶対性をもった本質的性質や特性のことをいうが、社会福祉の価値とは、社会福祉の実践や援助過程において、常に承認されるべき人間存在の意味、あるいは問題把握や政策の背後にある人間観ということができる。
     価値は、ソーシャルワーカーの判断に影響を与える。マックゴーワンとマティソンは、価値がソーシャルワーカーの判断に影響を与える場面を①組織や機関としてどのような人を対象に、どのような方向へ向けて社会福祉サービスを提供するか。②時間と社会資源が限られるなか、ソーシャルワーカーとしてどこへ優先的に時間を費やし、誰に優先的に社会資源を配分するか。③すべての実践場面に適用できる科学的根拠があるわけではないし、実践の方向性を導き得る理論があるわけではないため、個々の場面で適用するアプローチや方法をどう選択するか。④ソーシャルワーカーが個々のクライエントへのソーシャルワーク実践を行う過程で、サービスの目的や優先順位をどのよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。