ノーベル物理学賞 受賞理由

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数249
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ノーベル物理学賞がとりたい方、理由に興味がある方へ(*^^*)

    〈参考サイト〉

    wikipedia

    yahoo!知恵袋「朝永振一郎さんの繰り込み理論とは・・・」

    やさしい解説 - 東京大学宇宙線研究所

    東京大学 大学院 理学系研究科・理学部「自発的対称性の破れと素粒子物理学」

    科学技術政策 5分でわかる最新の科学技術 ノーベル賞受賞研究「CP対称性の破れの起源の発見」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    湯川秀樹
    中間子の存在を理論的に予想
    陽子と中性子をつなげる核力を持っている
     
    江崎玲於奈、アイヴァー・ジェーヴァー
    半導体内および超伝導体内の各々におけるトンネル効果の実験的発見
    量子力学の世界においては、ボールを壁の高さまで投げることができないのに、ボールを壁の向うに投げる事ができてしまう
    粒子は波であり、この効果は、声が壁を越えて伝わるのに似ている
    無の状態から宇宙は誕生したのだが、その無から有の状態への移動はトンネル効果によってなされたという説もある
     
    朝永振一郎、リチャード・P・ファインマン、ジュリアン・シュウィンガー
    量子電磁力学の分野における基礎研究と、素粒子物理についての深い結論
    無限大ー無限大などのそれまで不可能だった計算を、実験で得られた電荷をこの式の答えとすることで可能にした(繰り込み理論と呼ばれる)
     
    小林誠、益川敏英
    自然界においてクォークが少なくとも三世代以上存在することを予言する、対称性の破れの起源の発見
    陽子はアップクォーク2個とダウンクォーク1個、中性子はアップクォーク1個とダウンクォーク2個でできている
    原子核は陽子と中性子でできているので、我..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。