ノーベル文学賞 受賞理由

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数200
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    川端康成
    日本人の心情の本質を描いた、非常に繊細な表現による、彼の叙述の卓越さに対して。主著『雪国』
     
    大江健三郎
    詩的な言語を用いて現実と神話の混交する世界を創造し、窮地にある現代人の姿を、見る者を当惑させるような絵図に描いた。主著『万延元年のフットボール』
     
    モーリス・メーテルリンク
    多岐にわたる文学活動、特に戯曲の数々を評価して。豊かな想像力と私的な空想は、特に御伽話(おとぎばなし)の形を装いながらも、それぞれの作品が神秘的な方法で読者ひとりひとりの感性に訴え想像力を刺激する間、深い創造的発想を明らかにする。主著『青い鳥』
     
    ヘルマン・ヘッセ
    古典的な博愛家の理想と上質な文章を例示..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。