教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数164
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    発達課題とは、人間が生きていくうえでそれぞれの時期に応じた課題があるということを意味し、アメリカの教育学者ロバート・R・ハヴィガーストが『人間の発達課題と教育』において主に述べている。彼は個人が学ばなければならない生涯の発達課題は、社会の健全な成長をもたらすものと考えており、個人にとっても発達課題を成就していくことは個人の幸福につながり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会でも認められず、その後の課題の成就にも影響を及ぼすとしている。ハヴィガーストの発達課題の特色は、人間の生涯の一部分を取り上げているのではなく、生まれてから死ぬまでを連続的に捉え、「乳児期」「児童期」「青年期」「成人初期」「成人中期」「熟年後期」に分けて考えたことである。特に彼は、教育はあまりに早く行われても無駄に終わってしまうが、適時に行われれば十分な成果が得られるとして、教育の適時性を強調している。その適時として彼は発達の起源を三つ挙げている。「身体が成熟したとき」、「社会が要求したとき」、「自我が一定の課題を達成しようとするとき」である。こうした発達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。