憲法 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数131
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    豊岡短期大学通信教育部の合格済みレポートです。参考までにお使いください。
    設題.日本国憲法の基本原理とされる国民主権・基本的人権の尊重・平和主義のそれぞれについて説明し、その上で、これら三つの基本原理が相互にどのような関係にあるかを説明してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2 日本国憲法の基本原理とされる国民主権・基本的人権の尊重・平和主義のそれぞれについて説明し、これらの三つの基本原理が相互にどのような関係にあるかを説明してください。
     日本国憲法は、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を基本原理として採用している。
    日本国憲法は、近代立憲主義の嫡流として、個人主義を最も基本的な原理として採用する。そしてそこから、個々の人間を人間として尊重する基本的人権の尊重の原理が生ずる。前文第一段、13条がこれを表す。
     国民主権もまた、全ての政治的価値の根源は個人にありとする個人主義原理に立脚する。全ての政治的価値の源泉を個人に求める以上、政治権力の根拠も個人にあり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。