養護原理 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数388
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大通信教育部の合格レポートです。参考としてお使いください。
    設題1.次の児童福祉施設について説明しなさい。①乳児院②児童養護施設③福祉型障害児入所施設④医療型児童発達支援センター⑤情緒障害児短期治療施設

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1
     次の児童福祉施設について説明しなさい。①乳児院、②児童養護施設、③福祉型障害児入所施設、④医療型児童発達支援センター、⑤情緒障害児短期治療施設
     乳児院とは、乳児を入院させて、これを養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする児童福祉施設である。保護者がいないなど保護を要する児童が対象であり、棄児や孤児が大半であったが、時代とともに変化し、父母の精神疾患等、両親の未婚、父母の就労などの理由によって、入所している。乳児院における養育は乳児の健全な発育を促進し、その人格の形成に資することとなるものでなければならないと規定している。乳児期の養育の中で最も重要なことは、生理的な要求と安全の要求に十分に応じていくことである。これらの要求を満たすためには養育者との密接で個別的な愛着関係が必要である。この愛着関係がどうであったかにより、その後の心身発達に大きな影響を及ぼすことになる。家庭での養育に問題のある乳児が対象であることから、家庭での養育が可能になるように配慮しなければならない。乳児院は、将来構想としての、地域における子育て支援センター化構想、乳児と幼児を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。