【2013年度】教育相談の研究(中・高) 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数134
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート作成の参考にしてください。
    佛教大学
    S0541 教育相談の研究(中・高)
    【設題】学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    【判定】A
    【所見】テキストに沿って丁寧かつ的確にまとめられています。今後もこのようなリポートを期待しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     学校カウンセリングとは一般のカウンセリングとは異なり、カウンセリングの対象が子どもであるということが一番の大きな特徴である。さらに学校内でのカウンセリングということで教師がカウンセラーとしての立場に立ち、それは教育現場における日常生活の中で行われるということである。一般的なカウンセリングにおいては専門的なカウンセラーが大人に対してカウンセリングを行うことが多く、この場合は対象者になんらかのつまずきがあったとして、そのつまずきを援助し、元の状態に戻すことが目標となる。しかし、子どもを対象とする学校カウンセリングにおいては、子どもたちは日々発達し成長しているため、時間をかけてカウンセリングを行う際に、元の状態に戻すこということを目標におくと、その間に発達し、成長していく周りの子どもたちに遅れをとってしまうことになる。そこで学校カウンセリングにおいてはつまずいた地点よりもずっと先を見通して導いていく必要があるのである。また、現代の子どもたちを取り巻く環境の変化は大きく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。