【2013年度】教育原論1 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数85
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート作成の参考にしてください。
    佛教大学
    S8101 教育原論1
    【設題】ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    【判定】A
    【所見】ハヴィガーストの各年齢別の発達課題について整理して記述しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
     ハヴィガーストは、人が成長過程において健全かつ幸せに生活するために、発達段階に応じて達成しなければならない発達課題について積極的に論じており、「発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会に認められず、その後の課題の達成も困難になってくる」(2010田中,:8)と述べている。つまり、人が社会に適応し、望ましい発達を成し遂げるには各段階の発達課題を、順序に従って着実に達成していくことが必要であるということである。
     このことから、発達課題は各発達段階の具体的な教育目標と捉えることができ、教育的努力を行う時期を示唆しているため、教育においても有益であると考えられる。ハヴィガーストはその内容を歩行の学習のような身体の成熟から生ずるもの、読み・書き・計算の学習や社会集団への適応のような社会の要求や期待から生じるもの、職業の選択や配偶者の選択のような個人の価値観や期待から生じるものがあるとしているが実際にはこの3つの相互作用から生じる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。