S0839 病弱虚弱児の指導法 テスト対策 (5題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数221
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    試験対策です。覚えるために最小限に簡単にまとめてあります。
    ※5題のみのまとめですので、ご了承ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0839 病弱虚弱児の指導法 テスト対策
    〈1〉病弱教育における重複障害のある児童生徒の指導について述べよ。
     特別支援学校(病弱)には、病気以外に他の障害を併せ有する「重複障害」、「重度重複障害」の児童生徒が多く在籍している。重度重複障害児は障害が重いということに加えて、障害や発達の状態に個人差が大きく、一人ひとりが異なる教育ニーズを持っている。また、ほとんどの子どもがその障害の重さゆえに、学習の定着や発達に時間がかかり、学習の困難性を抱えている。
    知的障害を併せ有する場合、①社会、理科、家庭科に替えて『生活』を学ぶなど、知的障害を教育する特別支援学校の各教科に替えることができる「知的代替の教育課程」を編成する。②障害の状態により特に必要のある場合には、自立活動を主として学ぶことができる「自立活動を主とした教育課程」を編成している。
    知的代替の教育課程
    知的障害を有する児童生徒は、「学習によって得た知識や技能が断片的になりやすく、実際の生活の場で応用されにくい。成功経験が少ないことなどにより、主体的に活動に取り組む意欲が不足しがちである。抽象的な内容より、実際的・具体的な内容の指導..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。