S0833 知的障害児の生理・病理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数355
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    特別支援学校教諭免許に関する科目です。
    レポート作成の参考にしてみてください。
    ※作成にあたり、シラバスの留意点にある「本文中の引用箇所、そして、その引用文献は必ず記載してください。」をクリアしないとC評価になります。注意してください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題:知的障害と広義・狭義の発達障害の同異および各発達障害の定義とその特徴について述べよ。
     知的障害は1つの疾患単位ではなく、精神機能の領域において遅滞があることを主徴とする状態を示している。人生の早期に遅滞を起こす原因が働いたり、その症状が明らかになったりすることにより、認知症とは区別される。 知的障害は知的発達の遅滞と適応行動の障害とがあり、それが人生の早期に起こった場合と定義される。この定義の枠組みは医学的定義も含め、他のいずれの定義にも共通する。定義には知的側面だけではなく、適応行動の側面も含んでいる点が重要である。なお、知的障害は1999年4月より教育、福祉、労働の領域で、日本の法律と関連する用語として用いられ、医学的領域では、知的障害と同じ意味で精神遅滞が使われている。
     アメリカ精神遅滞協会の定義では「知的障害(精神遅滞)は、知的機能および適応行動(概念的、社会的および実用的なスキルによって表される)の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力の障害である。この能力障害は18歳までに現れる。」としている。
     知的の障害をおこす要因はさまざまで、単一ではない。遺伝性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。