明星大学.中等教育実習指導.レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数594
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学.中等教育実習指導.レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)指導案を書くことにより、研究した教材の目標や指導計画が明確になり秩序立ってくる。書いたものから反省の手がかりを得、改善を図る資料になる(青木、2012)。
     生徒の学ぶプロセス=形成的評価を確認しながら授業を進める手助けとなり、ポイントを漏れなく伝えることができる。何をどのように改善すれば良いかを明確にでき、着実に向上できる。
     身の回りの「素材」を「教材」にする。教科書「を」教えるのではなく、教科書「で」教える。各単元の勉強が生活にどのように関係があるのかを示し興味を持たせる。比喩を使ったりして、難しい事を易しく理解しやすいように解説し、易しい事を深く学習できるように工夫する。
     生徒の反応、発言、つまずくであろう場面などを多く予想する。学習指導要領を何度も読み返す。多くを話さない代わりに、適切な発問を投げかけ、生徒の反応をもとに問題解決型の授業をつくる。ねらい、ポイント、身に付けたい資質や能力を明示し、的を絞った発問をし、児童にとっても、できたという感覚をしっかり持つことができ、意欲的に取り組む姿勢や達成感を得ることができるようにする。「どう教えるか」ではなく「どう気づかせる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。