明星大学.中等教育課程論.1単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数316
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学.中等教育課程論.1単位目レポートです。

    2013年度

    課題

    1.学校で編成する教育課程の意義、及び各学校が教育課程の基準を踏まえつつ創意工夫を生かして適切な教育課程を編成することの重要性についてまとめてください。
    2.(3)「経験主義」の教育課程と「系統主義」の教育課程について、それぞれどのような考え方をいうのか説明してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.教育課程とは、教育基本法や学校教育法をはじめとする教育課程に関する法令に従い、学校教育の目的や目標、すなわち、各教科、道徳、総合的な学習の時間及び特別活動についてそれらの目標やねらいを達成するために、教育の内容を、生徒の心身の発達や学年に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した各学校の教育計画である(文部科学省、2013)。
    学校は公の性質を有する(教育基本法第6条第1項)から、全国的に一定の水準を確保した教育を受けることができる機会を国民に保障することが要請される(文部科学省、2013)ので、基準として学習指導要領が定められている。
     教育は、地域や学校の実態(地域のもつ自然的条件や環境、産業・経済の実態、施設・設備の状況、地域の歴史的伝統・風俗・習慣、地域社会の必要、子共の保護者や地域住民の意向、児童・生徒数、教員数や構成、学校種)及び、生徒の心身の発達の段階や特性(それぞれの生徒の異なる能力・理解度、必要・要求、態度、興味・関心)に応じて効果的に行われることが大切であり、また、各学校において教育活動を効果的に展開するためには学校や教師の創意工夫に負うところが大きい。
    教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。