2014.明星大学.中等教育相談の基礎と方法.1単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数659
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014.明星大学.中等教育相談の基礎と方法.1単位目レポート、です。
    課題:カウンセリングの主要な理論を比較してまとめ、
    教育相談に適用する際の課題を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     カウンセリングの主要な3つの理論「精神分析理論」「自己理論」「行動主義」を比較してまとめ、教育相談に適用する際の課題と、各理論の長所・短所について述べる。
     「精神分析理論」では、人間は本来、本能のかたまりであり、後天的な自我や超自我によって本能がコントロールされることが必要だとされている。5つの発達段階を想定しており、各時期の問題を上手に乗り越えることで達成される健全な性格がめざすべき人間像とされている。人間は、外界からの非難などを恐れ無意識のうちに欲求の表出・充足を我慢してしまう。これは抑圧と呼ばれ、この抑圧によって抑え込まれた欲求が無意識にとどまり、過度の抑圧により心身の疾患を引き起こすことがある。治療目標は無意識の欲求を意識化することである。
     面接者は、クライエントの空想や感情について隠された意味を見いだせるように説明を与える。それが「解釈」であり、解釈によって、「ああ、そうだったのか」という理解が深まるような洞察を起こさせることで自己理解が拡大し変容が起こる。
     クライエントが面接者に愛情や非難などの感情を向けることを転移といい、クライエントを理解するための重要な情報であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。