2016年度対応 P6305 米文学研究 科目最終試験 予想解答集(8題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,076
ダウンロード数95
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『米文学研究:小説の読み方/論文の書き方』対応です。
    1の問題で80点合格済み。
    すべて原書を読み書き起こしたものです。
    あくまで参考資料としてご利用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6305 米文学研究 科目最終試験 予想解答(8題)
    『グレート・ギャツビー』を、語り手から読んで、その面白さを述べなさい。
    『ライ麦畑でつかまえて』を、歴史から読んで、その面白さを述べなさい。
    『二つの教会』を、歴史から読んで、その面白さを述べなさい。
    『グレート・ギャツビー』を、歴史から読んで、その面白さを述べなさい。
    『エデンの園』を、フェミニズムの視点から読んで、その面白さを述べなさい。
    『お菊さん』を、ポストコロニアルの視点から読んで、その面白さを述べなさい。
    『老人と海』を、謎を手がかりに読んで、その面白さを述べなさい。
    『グレート・ギャツビー』を、謎を手がかりに読んで、その面白さを述べなさい。
    『グレート・ギャツビー』を、語り手から読んで、その面白さを述べなさい。
    小説の語り手は、物語にかかわらない外部の者である場合と、物語にかかわる内部の者である場合の二つに分けられる。また、その語り手に「性格」が与えられているか、そうでないかに分けられる。語り手が「性格」を与えられている場合、客観的に語られているか、または、語り手の主観を通して語られているかで、読者が受ける物語の印象..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。